風営法をしっかりと守る良い池袋と渋谷の風俗店で働く女性

2015年6月17日に風営法に関係する業界関係者に激震が走った!
そのニュースは参議院本会議で可決された改正風俗営業法のニュースで、今回可決された改正風俗営業法のポイントは「クラブの深夜営業解禁」に関する変更で、

以前の改正前の法律ではクラブはキャバクラと同じ「風俗営業」とされていたので、営業時間は「原則午前0時まで」という法律があったのです。

しかし、今回の改正風営法で新設された「特定遊興飲食店」に分類されたことで、24時間の営業が可能となったのです。

では今回新設された「特定遊興飲食店」とは他のキャバクラなどとはどう違うのか?

違いはキャバクラみたいに「接待」を含まず、深夜、遊興、飲酒(酒類の提供)の3つの要素を全て含むサービスが「特定遊興飲食店」になるそうです。

「接待」を含まずというが、どこまでが「接待」で、どこまでが「接待」にならないのかと言うと、特定のお客と2~3分会話が続くだけで、「接待」とみなされるようで、なぜ2~3分と曖昧なのかというと、その判断は警察がするそうで、明確に何分という基準は無いそうです。

そうするとクラブと言えば深夜営業で酒を提供していて、音楽をかけてダンスを楽しむ場所なので、音楽をかけてダンスを楽しむ場所というのが、遊興に該当するサービスだと定義されたそうです。

クラブ以外では、同じく深夜営業を規制されていた雀荘も、深夜営業の解禁対象になる可能性があると言われていて、ゲームセンターやパチンコ店も深夜営業解禁の対象として含まれる可能性があります。

この新設された「特定遊興飲食店」スポーツ中継で、店側が意図的に盛り上げようとした場合、「遊興」に該当すると見なされる可能性があり、その場合、特定遊興飲食店として許可を取る必要があるのだが、それには立地や店内の明るさなど様々な条件があるらしく、その条件をクリア出来なかった場合、店によっては深夜営業が出来なくなる可能性もあるといいます。

そうすると、今までは風営法の適用範囲外だった業種に関しても、風営法が適用になる可能性が出てきてしまったので、深夜で飲酒、遊興の3つを提供するライブバーなども許認可が必要になり、条件を満たす事が出来なければ深夜営業が出来なくなる危機だというのです…